[青木商店]の初代・青木松吉が、福島県郡山市の『郡山』駅前にバナナ加工・卸売業『青木商店』を開業した1924年(大正13年)当時、フルーツは、とても希少で贅沢なものでした。あれから1世紀近くが過ぎた今、フルーツは必ずしも贅沢なものではありません。しかし、人々がフルーツを口に運ぶときの微笑みは、昔も今も変わらないものです。

[青木商店]は、自らの社業を"フルーツ文化創造企業"と位置づけ、フルーツを通じて、より多くの人々に「おいしさ」と「健康」を享受していただくことを使命と考えています。「フルーツを通じて、人々の心をより豊かに、体をより健やかにしたい」―それは、創業のときから変わらない[青木商店]の願いです。

フルーツをおいしく召し上がっていただくためには、フルーツそのものの品質や鮮度とともに、徹底した熟度の管理が必要なのですが、それこそがフルーツ専門店である私たちの役目だと考えています。そして、フルーツそれぞれの品質と鮮度を見極め、最も望ましい環境と方法で管理し、"適熟"を見定めて提供する―それができるのは、今も機械やコンピュータではなく、人なのです。

[青木商店]には、フルーツ・マイスターと呼ぶ、フルーツの"目利き"がいます。いまグループは、フルーツショップ、フルーツバー、フルーツタルト&カフェという3つのスタイルでフルーツを提供していますが、そのすべてにおいて使用するのは、フルーツ・マイスターが厳しく選別・管理したフルーツのみです。

[青木商店]は、これからも、様々なスタイルで、フルーツの「おいしさ」と「健康」をお届けしてまいります。たとえば、フルーツバー[果汁工房 果琳]は、日本全国に「1,260店舗(=10万人に1店舗)」を目指しています。この数字は、単なる事業規模拡大の目標ではなく、日本中どこでも手軽に、生のフルーツという自然の恵みを享受していただくために必要な、いわばフルーツ・インフラとしての目安なのです。

フルーツを通して人々に感動をお届けしたい。"フルーツ文化"の創造と普及で社会に貢献したい―そのために、これからもフルーツが持つ無限の可能性を信じて、さらなる努力と挑戦を続けてまいります。

株式会社青木商店 代表取締役
青木 信博